任務使命の刀剣男士が「ごはんがおいしい」と感じる瞬間