三輪士郎先生、敵脇差を分析し大典太を描く