主が自分に夢中でめちゃくちゃ愛されているという自覚のある長谷部