薬研藤四郎「次回も柄まで通すぜ」